新型出生前診断に関する情報が満載です!


新型出生前診断のメリット

当サイトは、新型出生前診断を選択するメリットについてのご紹介を行っています。
この検査でわかる疾患は染色体の異常であり、それを知ることで安心を買える、子供の疾患を事前に把握できるなどの利点があるわけです。
仮に、当検査で染色体の異常が診断された場合でも、これはあくまでも可能性などからも妊娠15週目以降に行われる羊水検査などの確定検査を受けなければ本当に染色異常であるのか否かは確定もしくは診断が下されません。

新型出生前診断を選択するメリット

新型出生前診断を選択するメリット 新型出生前診断はNIPT検査とも呼ばれるもので、非確定的検査の一つです。
新型出生前診断でわかることは、染色体に異常があるのか否か、あると診断された場合でも染色体異常の可能性があるだけで確定ということではありません。
ただし、新型出生前診断で染色体の異常がないと診断されれば安心に繋がりますし、赤ちゃんの疾患を事前に把握できるなどのメリットもあるわけです。
非確定的検査にはいくつかのやり方がありますが、新型出生前診断を選択するメリットの中には、母体の体への負担を最小限に抑えられる、胎児の染色体異常は感度99%・特異度99.9%といった具合に高精度の診断を可能にするので、異常なしと診断されれば将来的にも安心です。

赤ちゃんの状態を把握できる新型出生前診断のメリット

赤ちゃんの状態を把握できる新型出生前診断のメリット 新型出生前診断の目的は赤ちゃんの状態を把握できることなので、受けることによって「赤ちゃんの状態を知ることで安心できる」、「赤ちゃんの状態を知ることで事前に準備ができる」といったメリットが生まれてきます。
妊娠中の妊婦さんは、妊娠うつやマタニティブルーなど、精神が不安定になりがちな人が多く、さまざまな不安要素の中でも特に赤ちゃんの健康を心配していることが大きな要因の一つとなっています。
そのため、新型出生前診断を受けて染色体異常がないことを示す陰性という結果を得ることは妊婦さんの不安が和らぐことに繋がっていくので、大きなメリットといえます。
また、陰性という結果を知ることだけが新型出生前診断の目的ではなく、陽性であった場合にその結果を知って赤ちゃんを迎え入れる事前準備ができることも大きなメリットとなっています。
新型出生前診断の最大の特徴は生まれてくる前に赤ちゃんの状態を把握できることにありますが、その結果を知るということは捉え方によって良い影響だけではなく悪い影響をもたらすこともあります。
受けるか受けないかの判断は赤ちゃんの両親なので、慎重に話し合った上で納得した選択をすることが大切になってきます。

新型出生前診断の際に行う遺伝カウンセリング

新型出生前診断を行う際には、専門医やカウンセラーによる遺伝カウンセリングを実施することが推奨されています。
カウンセリングは妊婦だけではなく、パートナーと2人で受けることが望ましいとされていて、新型出生前診断の検査に関する正しい情報を確認できる内容となっています。
カウンセリングの説明の中には医学などの専門的で難易度の高い内容も含まれますが、できるかぎり新型出生前診断の主旨や目的を理解して、再度検査を受けるかどうかを冷静に判断することが重要です。
実際の検査は、カウンセリング当日に行う医療機関と別日に実施する機関があり、検査結果は1週間から2週間後に判明します。
検査後にも遺伝カウンセリングが再度実施されて、陰性、陽性、判定保留といった検査結果について詳しく説明が行われます。
陽性であった場合には、必要に応じて検査前のカウンセリング内容なども再確認した上で、確定的検査に進むか否かについて相談することが可能です。

新型出生前診断に対する日本医学会の考え方

新型出生前診断では、生まれてくる子供が染色異常によりダウン症などがあるかを把握することができます。
しかし、日本医学会の考え方とは違った目的で活用されているケースがあります。
それはダウン症だと診断が出た場合に、中絶してしまう方がいることです。
日本医学会ではダウン症がある方に対して中絶を推奨しているわけでは全くありません。
新型出生前診断は、染色体異常が見つかった際に早く準備ができるようにするための診断です。
ダウン症の子供が生まれる可能性が高いからといって、安易に中絶しようとするのはナンセンスだと言わざるを得ません。
ダウン症があったとしても、大事な命をもっと大切にするべきです。
普通の子供とは少し違う生活になるかもしれませんが、しっかりサポートすれば問題なく成長させることができます。
新型出生前診断を利用することは構いませんが、何のために行われている診断なのかをよく理解した上で利用しないといけません。

新型出生前診断でダウン症の検査を行おう!

愛するパートナーとの間に二人の子供ができることは非常にめでたいことですし、人生で一番幸せな瞬間と言っても良いでしょう。しかし、実際に生まれてくる子供がそんな病気に罹っているかまでは誰にも分からず、生まれた瞬間に重い病を抱えていることが分かって、ショックのあまり育児を放棄してしまう親も少なくないのが現実です。
そんな悲しい事実を避ける為に新たに開発されたのが「新型出生前診断」と言うもので、詳しく説明していくと、妊娠してまだお腹の中にいる段階から母親の血液を採取して検査していく方法になります。この検査を行うと、胎児のうちから染色体に異常がないかを調べることができ、ダウン症に罹っていないかなどを詳しく知ることが可能になるので非常に便利です。
また、新型出生前診断は近年最も注目されている検査方法の一つになるので、健康な子供が欲しいと強く望む方であったり、障がいのある子を育てる自信がないと断言できる方に好評となっています。

新型出生前診断の判定確度はどのくらいになるか

近年、新型出生前診断を受ける方が多くなっています。これは母体の血液から胎児の染色体疾患を調べることができる検査です。染色体疾患として、ダウン症が挙げられます。新型出生前診断を受けるにあたり、気になるのはやはり判定確度になると思われます。
40歳の場合は約95%となっているので、100人中5人は偽陽性になります。したがって、陽性判定が出た際は確定的検査である羊水検査が必要です。羊水検査の確度は99.9%であるため、これで染色体疾患の有無が確実に分かります。
ただ、新型出生前診断を利用する際の注意点があります。それは問題がある場合に中絶を肯定している検査ではないことです。染色体疾患があることが事前に分かれば、病気について学ぶことができますし、生まれるまでに準備しておくことができます。病気があるからと簡単に中絶してしまうのは、人として問題です。ダウン症でも成功している人がいるので、ポジティブに考えるべきです。

新型出生前診断に関する情報サイト

新型出生前診断 愛知


Copyright 2020 新型出生前診断のメリット All Rights Reserved.